保険適用でもしっかり「噛める」入れ歯治療

歯を補うためのもっとも一般的な治療法が「入れ歯治療」です。しかし、入れ歯は「外れやすい」「しっかり噛めない」「目立つ」「発音が不便になる」といった先入観があって、なかなか第一歩を踏み出せない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

金属床義歯

当院では、保険適用、保険適用外の診療を問わず、患者さまに合った入れ歯を設計・提供しています。もちろん、保険適用外のものの方が自然な見た目にはなりますが、保険適用のものでも「しっかり噛める」ということを重視して作製していますので、安心してお任せください。

入れ歯の保険診療と自費診療(保険適用外)の違い

保険診療 自費診療
保険が適用されるため治療費が安く済みますが、レジン(歯科用プラスチック)が主な材料になるため、熱を伝えにくくなります。
また、衝撃によって壊れやすく、厚い造りになるため機能性も自費治療のものに劣ります。
機能性・審美性ともに保険診療の入れ歯よりも優れ、不自由なく使用できます。素材も豊富で、患者様にもっとも合ったものが選べます。
ただし、保険適用外のため高額になります。

当院で主に取り扱っている入れ歯

当院では多くの入れ歯を取り扱っています。これら以外のものもご提供できますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 金属床義歯
  • ノンクラスプデンチャー(金属製のバネがない入れ歯)
  • マグネットデンチャー(磁石を使用して固定する入れ歯)
  • コンフォート(柔らかく、あごにフィットする床の入れ歯)
  • コーヌスクローネデンチャー(金属を使用したはめ込み式の入れ歯)
  • デンチャー王手などの精密義歯 など