軽度から重度の歯周病まで対応

歯周病は歯周病菌によってひきおこされる感染症です。
軽度ではなかなか自覚症状として感じることができない歯周病ですが、成人男性の8割が有病者とも言われている病気です。

ファミリー歯科クリニックでは、患者様への負担が少ないレーザー治療から、重度の歯周病の方へは、失ってしまった骨を再生する治療にも対応しております。
他の歯科医院で手遅れと診断されてしまった方でも、治療ができる可能性があります。
ぜひご相談ください。

定期的なメインテナンスが重要

歯周病は生活習慣によってひきおこされる病気であり、再発するリスクの高い病気です。
ファミリー歯科クリニックでは、歯周病にならないために、または治療によって改善したお口の環境を維持するために、定期的なメインテナンスと日常のセルフケアの指導に力を入れております。

歯周病治療について

当院では、歯周病治療の際に下記の点を重視しています。

予防を重視 歯周病の原因は、虫歯と同じく細菌です。当院では的確な予防処置を行うことで、患者様が健康を維持できるようサポートしています。
丁寧な検査 「ポケット診査」「歯の動揺度の検査」「レントゲン検査」の3つを行い、症状を正確に把握してから具体的な治療を行っています。
レーザー治療 軽度の歯周病治療には、患者様への負担が少ないレーザーを使った治療も行っています。
外科手術 中等度・重度の歯周病に対しては、外科手術(歯周外科治療)を行うことで改善を目指します。
再生医療 あごの骨が溶けてしまっている重度の歯周病に対して当院では、外科手術を伴わない再生医療を行うことができます。⇒再生医療について詳しく

歯周外科治療

歯周病の構造

歯周病が重度になってしまうと、プラーク(歯垢)や歯石が歯と歯ぐきの隙間(歯周ポケット)深くまで入り込んで、通常の処置では治療できません。そのため当院では、外科治療を採り入れています。歯周病で失った歯周組織を再生させる治療にも対応していますので、お気軽にご相談ください。

歯周ポケット掻爬(そうは)術 比較的症状が軽い場合の治療法です。原因となるプラークや歯石を歯周ポケットから掻き出します。
フラップ手術 重度の場合の治療法です。メスを用いて歯ぐきを切開し、奥まで入り込んだプラークや歯石を除去します。
GTR法 失ってしまった歯周組織を効率よく再生させるために、他の組織が入り込まないよう膜を設置する方法です。
エムドゲイン 歯が生える際に重要な働きをするタンパク質を塗布することで歯が生える際と似た状況を作り出して再生を促す方法です。